Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食道がんになりやすい人

ほどほどにたしなむ程度なら「酒は百薬の長」と言われるように健康にもよいものとされています。
しかし食道がんの危険因子となるのは飲めない体質と量を含めた飲み方に大いに関係があるのです。
アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという物質は酒が肝臓で分解される際に発生し、このアセトアルデヒドは頭痛や吐き気など悪酔いの症状を起こすだけでなく食道がんの危険因子とも言われています。
アセトアルデヒドは、しばらくすると脱水素酵素によって無害な物質に分解されますが酒の量が多くなると簡単には分解されません。
よって食道には酒の度数の高さも量も問題となるのです。
酒に弱い人はアセトアルデヒド脱水素酵素がうまく働かない遺伝子を持っています。
10人に4人の日本人はこのタイプで酒に弱いのです。弱いから自分は飲まないという人は食道癌になりにくいのですが、ほんとは弱いのに付き合いなどで無理やり飲まされたり弱いのに好きだからといって飲んでいる人は食道癌になりやすいといえます。
酒のエタノールとタバコのニコチンは化学的に相乗作用を起こし発がん性のニトロソアミンの生成を促します。
長年の飲酒体験でアルコールに対した抵抗力がついたからといってもアルコールの分解酵素の働きが高まったわけではないので気をつけましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。