Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://syokudou225.blog75.fc2.com/tb.php/6-218e5cb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

手術後の後遺症と食事

食道がんの手術の後は食事をする際に食べ物の通り道が塞がり胸の不快感を感じたり食べ物が飲み込みにくいなどの症状が起こります。これは食道のつなぎ目が狭くなったり食道から胃への筋肉が締まらないなどの後遺症が出るからです。このような場合は再建した食道の状態を検査して食道が狭くなっているなどの異常がなければ少しずつ飲み込む練習をしていきます。後遺症が重い場合は栄養を入れる菅を入れて食べ物を直接送り込みます。手術後は今までのような食生活を送れる保証はありません。のどに詰まらせて窒息しそうになる場合もあるでしょうし、食事に対して恐怖心を持ってしまうこともあるかもしれません。ですが、個人が意識を変えて食事の仕方を見直すことが大切です。例えば料理を飲み込みやすく工夫が必要です。やわらかく煮た物やツルンと喉ごしのいいものが適しています。そしてよく噛んで食べるようにしましょう。一口で20回は噛むことを目標にしましょう。食道がんの手術を受けた人の8割は退院してから体重が減っています。これは手術を受けた事で胃が小さくなり、すぐに満腹感を感じるので食べる食事の量が減るからです。こういった場合は少量でもカロリーの高いものが効果的です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://syokudou225.blog75.fc2.com/tb.php/6-218e5cb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。