Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食道がんの症状

食道がんは初期症状がほとんどなく、がんが粘膜表層に留まっている間は一般に自覚症状はありません。その上、早期から転移しやすい性質があり発見したときには、すでに進行していることも珍しくありません。自覚症状としては、まず食物を飲み込むときに感じるさまざまな違和感から現れます。飲食時の染みる感じや、胸の奥に痛みを感じるなどです。更にがんが広がりを見せると食道が狭くなるため、食べたものが喉につかえるようになります。これがひどくなると水や唾液を飲み込むこともできなくなります。初期症状がほとんど自覚できないのは消火器の内壁はほぼ同じ組織でできているため食道の内壁だけは、がん細胞の拡散をふさぐしょう膜という膜がありません。このため、食道がんは早期の段階からリンパ管の流れに乗って遠くのリンパ管に転移しやすいのです。更に病状が進み周囲の組織にがんが浸潤すると、それに伴う症状が現れます。背骨や胸の奥が慢性的に痛むようになり、特に背骨を叩かれると強く痛みます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。