Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの分類2

食道がんの分類には、がんの進行状態によって、いくつかの病期があり、病期ごとに治療法も異なります。がんの治療にとって病期を正確に知っておくことは絶対的な条件です。食道がんに病期には0期から4期までの5期に分類されます。0期はがんが粘膜に留まっている状態。1期はがんが粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節などへの転移はない状態。2期はがんが筋肉層、または外膜に及んでいてリンパ節に転移している状態。3期は、がんが食道の外膜や周囲の組織に明らかに広がっていて食堂に沿ったリンパ節、または離れたリンパ節にも転移している状態。4期は食道周囲の臓器か離れたリンパ節に転移している状態を指します。食道がんの病気は、がんの深さ、リンパ節転移の程度、遠くの臓器への転移の有無という3つの点から決められていて、これは「食道がん取り扱い規約」によって決められたもので、国際的な病気分類と共通しています。いくつかの検査を行いがんのタイプや進行度が分かったら病気を確定します。病気を決める要素は3つです。がんの深さ、リンパ節への転移、周辺臓器への転移の3つでこれをTMN分類とも言います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。