Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://syokudou225.blog75.fc2.com/tb.php/1-cffcfb30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

食道がんの原因にもなる病気

食道がんの原因ともなる病気には、まずアカラシアが挙げられます。食道アカラシアとは、食道の異常な拡張をきたす病気で食道の下の括約筋が緩まなくなり、食べ物が通過する時に障害が起こったり、食道の異常な拡張をきたす病気です。原因は分かっていません。食道を緩めたり、食べ物を送るときのぜん動運動を司る脳神経の障害と言われています。アカラシア自体は、良性疾患ですが、食べ物が長時間食道内にとどまった状態が何年も続くと、食道腺がんの原因になると考えられています。特に発症後20年以上経っている人は要注意です。
他には逆流性食道炎があります。この病気は胃や十二指腸の強い酸性の消化液が逆流することによって、食堂の粘膜を荒らす病気です。また、食生活の欧米化と運動不足や肥満の増加にともなって増えている現代病の一つです。また、胃がんや食道がんの手術のあとにも、この逆流性食道炎が起こることがあります。通常は、食道には食べ物の逆流を防止する仕組みがありますが、腹圧がかかりすぎたり、食道の下部の筋の締りが悪くなることによって、逆流が起こります。ときどき胸やけがして酸っぱいものが上がってくるという人は一度内視鏡を受けて逆流性食道炎が調べてもらいましょう。この病気は何故か高齢や女性に多く見られ、食道裂孔ヘルニアのある人や腹部を手術した人、嘔吐を繰り返している人などもなりやすい病気です。
他にはバレット食道という病気があります。これは、通常、食道の粘膜は扁平上皮でできていますが、食道下部の粘膜が胃の噴門部の粘膜と同じ円柱上皮に置き換わってしまう状態をバレット食道といいます。これは慢性の食道炎から起こると言われています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://syokudou225.blog75.fc2.com/tb.php/1-cffcfb30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。